映画【容疑者Xの献身】ガリレオを知らなくても面白い!感想

原作を超えた傑作邦画 映画
スポンサーリンク

絶対に一度は見てほしい邦画です。

傑作だと思います。

スポンサーリンク

ストーリー

天才数学者でありながら、不遇な日々をおくる石神哲哉

彼は数学教師であり、隣の部屋に一人娘の美里と暮らすシングルマザー、花岡靖子に密かな思いを寄せている。

ある日、靖子宅を突き止めた、元夫の富樫慎二が金の無心にやってくる。

この男は非常にタチが悪く、今までも金の無心に来ては暴力もふるっていたようだ。

そして、娘の美里に激しい暴力をふるったことから、花岡親子は元夫を衝動的に殺害してしまう。

同時刻。隣の部屋から聞こえる、不審な物音を聞いていた石神。

彼は、隣の部屋へ訪れ、何が起きたかを一瞬で理解する。

そして、この親子を救うため、事件隠ぺいの協力を申し出ることに。

その後、石神は天才的頭脳を駆使して指示を出し、親子を救おうとするが…。

一方で、帝都大学の准教授である天才物理学者の湯川学に、不可解な富樫慎二殺人事件に対して捜査協力を依頼される。

彼は警察からの捜査協力を依頼され、これまで数々の難事件を解決してきたのであった。

大学時代の友人であった石神と湯川。

2人は、事件を隠蔽しようとする側事件を解き明かす側になり、対立することになる、といった感じのストーリー。

推理モノに興味がない、という人でも楽しめる作品です!

見終わった後のなんとも言えないあの感覚…ぜひ味わってほしい!

スポンサーリンク

ガリレオを見てなくても楽しめる!

【送料無料選択可】邦画/容疑者Xの献身 スペシャル・エディション
by カエレバ

まず、これがこの作品の大きな魅力だと思います。

実際、私がガリレオシリーズに触れたのはこの映画が初めて。

上映当時、父と二男と気まぐれに映画館へ行き、特に見たいものがなく、二男のリクエストで見ることに。

二男はドラマを何回か見ていたそうですが、私と父はドラマも原作も全く知らない状態で臨みました。

ですが物語の冒頭で、テレビで放送されていま内容が、だいたいどんな感じだったのかがよくわかります。

それがまだPVみたいでかっこいいんですよ。

こちらの予告編だと、ちょっとスリリングな感じがして、映画の中身、良さとはまた違うんですが、これはこれでかっこいいかなと。

容疑者Xの献身(プレビュー)

あまり期待せずに見たのもありますが、シリーズを全く知らなくても、問題なく楽しめました。

3人とも見た後は、話がすごく盛り上がりました!

特に私は、いい意味でとんでもないものを見てしまった…という初見の胸の感動が忘れられません。

明るい話では決してありませんが…

見た後、を感じる映画には違いないと思います。

スポンサーリンク

トリックについて

物語の序盤にトリックが提示され、湯川や警察を物語の間中、苦しめることとなるトリック。

私はまんまと引っかり、全っ然わかりませんでした!

でも勘のいい人なら一発で気づくかも…

ところどころ、ヒントはあるんです。

でも映画館で見たときには全くわかりませんでした(^_^;)

最後あたりで、やっとが解け、ああ!そうだったのか…!と。

ですが、meikaの母親は初見でトリックに気づいてて、めっちゃびっくりしましたね…

勘の良い人なら一発で気づくのかもしれません…

あまりに勘の良い子供は嫌われてしまいますが…

こういうトリックにすぐ気づく方、ほんとすごいと思います。

推理小説も好きで、結構読んでるのに、名探偵への道は遠いなぁ…。

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

ここから先ネタバレあります!危険!

さて、感想です。

やはり、私は石神という人物がすごく好きなんです。

愛する人のため、ここまでできるのか…と。

石神という人物は、親の介護のため、数学に対する傑出した才能を持ちながらも、おそらく夢であっただろう研究職に就くこともできず

かといって、それを他人のせいにすることもなく、両親の死後は数学教師として生活をしてきました。

しかし、生徒のほとんどは石神の授業を聞いておらず、堂々と遊んでいるような状態。

学校では彼の数学への熱意は、完全に浮いてしまっています。

彼の数学に対する熱意は、誰に伝わることもありません。

孤独です。

そして、生きる意味を失い、自宅のアパートで首をつって自殺を試みようとしたところで、偶然運命か、隣に引っ越してきた花房親子が挨拶に訪れます。

暗い石神に対しても、明るく感じよく接してくれる花房親子。

この親子との出会いで、石神は自殺を思いとどまります。

そして、いつしか靖子の働く弁当屋にも、毎朝通いつめるように。

もちろん、花房親子は石神が自殺を考えていたことなど知りません。

人って、ちょっとした人の優しさが、めちゃくちゃ嬉しくて、救われたりしますよね。

優しくした人にとっては何気ないことであっても、誰かを救っていることがあるんです。

石神からの手紙を美里が読んで静かに涙を流しているシーン…

何度見ても、あの場面で私の涙腺も崩壊します。

私の軟弱な涙腺では耐えきれません。

これこそ愛なのではないか。この映画のタイトルにある、献身というのがまた…いいんですわ。

完璧な最後で、見事に自分を犯人に仕立て上げ、親子を守ることに成功した石神。

でも、靖子はそれをわかっていながらも、警察へ自首するという選択をします。

靖子からすれば、そうですよね…。

石神がここまで自分たち親子のために、ここまでしてくれたことはわかっている。

そして、自首してしまえば、石神のしてきた全てが無駄になる。

でも。

それでも、身代わりに石神が捕まってしまったら、そのことを忘れて幸せに生きていくことなど、花岡親子にはできないのです。

そんな優しい親子だからこそ、石神は愛し、ここまでして献身的に尽くしたわけなのですが…。

だからこその、最後の、「どうして?」に対しての、「ごめんなさい」なのだと。

あの最後の石神の悲痛な叫びが胸に刺さりました。

あまり演技のうまさなどはわからないのですが、こればかりは演技力がすごいと感じました。

そして、映画を見た後に、原作小説も読みました。

個人的には、映画が原作を超えた名作だと思いました。

もちろん原作も素晴らしいのですが、いろいろと設定が異なるところもあるので…

まぁ私が最初に映画から見たからかもしれませんが。

とにかく、一度は見て欲しい映画。

何度見ても、泣いてしまいます。

エンディングの柴咲コウの「最愛」がたまりません…。

【中古CD】KOH+『最愛』(DVD付)
by カエレバ

当時の恋人に勧めて一緒に見た際は、温度差がやばかったですね。号泣する私に対し、冷静な元カノ…。

「何も、救いのない映画だったね」と。

私は、基本的にハッピーエンドを愛する男。

結末としては、バッドエンドなのですが、この映画に関してだけは、なぜか好きなんです。

石神の献身的な愛に胸を打たれるからでしょうかね…。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました