【空の青さを知る人よ】がいろいろ見ててきつかったのでレビュー

舞空術 アニメ
スポンサーリンク

お金を使って、かなり退屈な時間を過ごしてしまったので書き殴る。

スポンサーリンク

ストーリー(あらすじ)

とりあえず予告編を見てみよう。こんな感じである。

映画『空の青さを知る人よ』予告【10月11日(金)公開】

主人公は高校2年生の相生あおい(アイオ アオイ)。両親を失ってから、市役所で働く姉である相生あかね、通称あか姉(あかねえ)と田舎で二人暮らしの姉妹。

あか姉が今のあおいと同じ高校3年だった時、恋人であった金室 慎之介(カナムロ シンノスケ)、通称シンノという男の子がいた。

シンノは仲間とバンド活動をしており、よく練習場所としてあか姉とあおいの自宅近くにある小屋を借りていた。

あおいはシンノをはじめとするバンド仲間からかわいがられており、シンノの影響で女性のベーシストを目指すようになる。

しかし両親が亡くなったことから、あか姉はシンノと一緒に上京予定であったが断念し、地元で就職。

それから13年、何も連絡を取ることもなかったあか姉とシンノ。あおいもシンノのことを覚えてはいたものの、今では過去の思い出。

ある日、市役所は町おこしの一環として大物演歌歌手を招待する。あか姉が市役所職員のため、歓迎会の手伝いをすることになったあおい。

その大物演歌歌手のバックバンドには、かつてのあか姉の恋人で会った慎之介がおり、驚くあか姉とあおい。

再会を喜ぶものの、かつてシンノと呼ばれていたころとはふるまいや態度が、変わってしまっていた慎之介に驚く。

その後、いつものようにあおいが小屋でベースの練習をしていたところ、そこにはなぜか13年前の姿のシンノがいた。

映画『空の青さを知る人よ』予告2【10月11日(金)公開】
これも予告編

シンノはどうやら生霊的な存在らしいが、実体があり、物に触れることもできる。ただし、小屋から外に出ることができないようだ。

妹のあおいのシンノへの初恋と、姉のあか姉の慎之介との幸せを描く4人の物語といった感じ。

スポンサーリンク

あいみょんさえ使っとけばなんとかなる(ネタバレ有)

物語後半、盛り上がりどころ?(おそらく)で流れる、今をときめく人気歌手:あいみょんの曲。

あいみょん –空の青さを知る人よ【movie ver.】
よくわからんが急に空を飛ぶ

曲自体は、すごく好き。

なのだが、このおそらく制作側としてはすごく盛り上がるシーンにおいて、私はしらけた表情でいるしかなかった。

まずは、この曲が流れる前のシーンについて軽く説明しよう。

※ネタバレ含みます。

いろいろあって、大物演歌歌手の忘れ物を取りに行った際、地震による土砂崩れで山奥のトンネルに閉じ込められてしまったあか姉。

周りの大人が動く中、あか姉の妹であり、主人公のあおいは、いてもたってもいられなくなり、慌ててシンノにあか姉の安否が不明なことを伝えに行く。

しかし、ちょうどそこには、現在の慎之介と過去のシンノ(生霊のほう)が鉢合わせていた!

なんともドラマチックなタイミングである。

現在と過去の慎之介は、口論したりなんやかんやあったが、2人ともあか姉を救いに行くことに。

そのとき、奇跡が起こった。(ほんと唐突に)

小屋から出られなかったシンノが外に出られるようになり、空まで飛べるようになったのだ!(翼とかはなし。ドラゴンボールの舞空術スタイル。)

ここであいみょんタイムスタート。

そしてあおいの手を取り、空中でいっちゃいっちゃしながら、あか姉が閉じ込められているトンネルへ向かう2人。(あか姉が安否不明なのに正気かこいつら)

あおいとシンノ

出典:animate Times

一方、若い二人に取り残されてしまった慎之介は、現実的な手段、タクシーを使ってあか姉のいるトンネルを目指す!

山の近くまではタクシーで来たものの、土砂崩れで危険なため、山は警察官に封鎖されていた。たまたまその警察官が同級生だったこともあり、見逃してもらった慎之介は、タクシーを降り、徒歩で山を登って若い二人に合流。慎之介マジ健脚

なぜシンノが空を飛べるようになったのか?-それは誰にもわからない。神のみぞ知ることだ。

かの有名なアニメ映画である「天空の城ラピュタ」だって冒頭で急に空から女の子が降ってくるんだ!何もおかしいことなんてねえ!!!これが今の青春なんだよおらああ!!!

という製作者側の強い意図を勝手に感じた。(※私が思っているだけ)

にしても、空、飛ぶ必要ってあった?あと若い二人、安否不明の姉を救出しに行くのにいちゃいちゃしすぎじゃない?と思ってしまう。

正直ノリについていけず、白けてしまった…ただ、慎之介がタクシー降りてからどれほどの全力疾走をしたのかに思いを巡らせることで、あか姉への想いは強く感じることができた。

実写じゃできないことができるのがアニメだからね…でも、そうまでして空を飛ばさなくても…。

スポンサーリンク

入場者特典もアニメ耐性のある男性向け

入場者特典として、こんなA4ファイルをもらった。

そらあおの入場者特典
サイズはA4

なんで女性キャラクターだけ?なんでめんまは一人だけふともも見せてるポーズなの??なんで男性キャラクターのってないの???

頭の中に疑問符とともに、これはそういうアニメ映画なのだという第一印象が植えつけられる。

もろ男性向けなんだろうな、お金を落としてくれるファン層が…。女性としてはこういうのをもらうのは、どうなんだろ。普通にかわいいこれ!ってなるのかな…。

アニメを見ない層は、すでにここで「うわぁ…」となるかもしれない。

ちなみに私はアニメ自体は大好きでも、萌えアニメが得意じゃない。そのため、これでちょっとだけ第一印象が悪くなった。

こんな持っとくのが痛いファイル、ほんといらねえ…。(こういうのが好きな人いたらごめんなさい)

というか、男性キャラクターの出ない作品ならわかるんだけどさ…。

どれも男性キャラクターは重要な役として出てるのだから、みんな一緒に写ってるファイルとかにしてよ…。それなら記念品ぽくて嬉しいのに。

スポンサーリンク

感想・レビュー(ネタバレ含む危険)

※ここから先はネタバレあります。

未視聴の方は危険なので注意!

空の青さを知る人よ

友人のすすめで見たのだが、正直、見たことを後悔した。

「あの花」「ここさけ」と同じ監督だから面白いはず!とか言ってたくせに、開始30分でラストの空を飛ぶファンタジーシーンまで寝てやがった

しかも見終わってから、特典のクリアファイルは私の車に置き去り…私も後日車の中を確認してファイルの存在を思い出した。

隣の席の小学生くらいの女の子とお父さんの親子連れの会話

「これいつ面白くなるの?」ときく娘に対し、隣の私に気を使ったのか、「し、静かに!」と焦るパパ…。

ちなみに周りの親子のこのやり取り、映画「少林少女」を見ていた時もあって、なんだかすごいデジャブを感じた。でも個人的には少林少女よりは、そらあおのほうがまだ面白かったと思う。

少林少女も個人的にはひどかった…いつかもう一度見てからレビュー書くか…。

お嬢ちゃん、そんなに気を遣わなくて大丈夫だよ。私もほんと、いつ面白くなるんだろう…。と思いながら、長い長い時間を劇場で過ごした。見ててほんと退屈だった。

ちなみに私は同監督の「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」は未視聴だが終わり方だけ知っていて、「こころが叫びたがっているんだ」は視聴済み。

「ここさけ」でちょっと変わった、痛々しいヒロインがウケたからか、今作のあおいはそれ以上に痛々しい女の子である。でも「ここさけ」自体は嫌いではなかった、少なくともこんな退屈じゃなかったし、楽しめた。

見ててすごく恥ずかしくなるのだ。なんでだろう。

これが実写であれば、もしかしたらそこまで違和感はないのかもしれないが、すごく描写が芝居がかっているのだ。

私はあまり演技力とか描写を気にするタイプではないのだが、これは見ててきつかった。

例えば、あおいが部屋の中で、蚊にさされた足をタイツごしに足でかくシーンとか…この描写になんの意味があるの?サービスシーンのつもりか?とか…。

というか、帰宅してから、タイツってほとんどの人は脱ぐんじゃないか?あえてこのシーン必要か?とか細かいところが気になってしまった。

あおいが怒り出す前の溜めの動作とかもすごく気になった。

まあ、主人公のあおいを全く好きになれなかったのが原因かもしれない。

自信家のため友達もおらず、その割には実力が伴ってしまっているという天才パターンな女の子。

学校での進路相談の際には、「東京行きます。バンドで天下獲ります。」とのこと。

はあ。そうですか。といった感じなのだが、彼女がベースをしていることを同級生は知っているらしく、バンドに勧誘したりもされていた。

だがその勧誘に対しても、「自分より下手な奴とはしない」とばっさり。笑そんな断り方をするものだから、「ブスが調子に乗るな」と陰口を言われる始末。

やたらつっけんどんな言い方をする、かわいげのない性格。というか自分のことをひたすら肯定し、かわいがってくれる姉と生活してたらそらそうなるか。

あかねとあおい

出典:animate Times

2人の姉妹愛というよりは、共依存的な感じだなーと。

あと、あか姉が聖人君子過ぎて全然感情移入できなかった。人間って、誰にでも心に汚い部分があると思うのだが、彼女にはそれがない。

いや、もっと怒ろうよ、もっと熱くなれよ!じゃないけどさ…。あまりにも聖人君子が過ぎる。ただ単に劇中で描写されてないだけだろうが。

まあでも、両親を失って、兄弟姉妹だけで生活している家族というのは、また親子とは違った関係になるのかもしれない。

あと実体のある空飛ぶ生霊、シンノについては、なんかいつの間にか成仏したのか消えてた。ここまであっさりした消え方は珍しいかも。

まあ、あか姉と現在の慎之介との恋のキューピッドだったのかなぁ。

慎之介とあかね

出典:animate Times

いろいろあったが、映画のエンドロールでは、その後のあおいやあか姉たちが少しだけ描かれる。静止画で。

あおいが着物を着ていることから、どうやらあおいが成人式を迎えたころ、あか姉と慎之介は結婚したようだ。

個人的には、劇中であおいからビッチと呼ばれたり、勝手に嫉妬されていた頭の緩い同級生の女の子との写真もあったので、ちゃんと友達になれたようで良かったなと思う。

まあ、みんなそれぞれ幸せになったようで良かった。

はっきり言って酷評にはなってしまったが、世間ではおおむね好評な様子である。

映画ドットコムの評価

出典:ヤフー映画

映画ドットコムの評価

出典:映画.com

星4つ、だと…( ゚Д゚)?

正直、信じられない自分がいるのだが、私にとっては面白くなかっただけなのかも…。答えはご自身の目で映画館へ見に行って、判断されてください笑

でも今後、私は同監督の映画を映画館で見ることはないかな…。

ちなみに私はこんな映画が好きなんです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. 太智 より:

    お、お前アホかよ、、、
    全体的なレビューの視点がズレてるところばっかで何を言っているんだこいつはと感じた。
    お前はこの映画の表面しか見えてないからもう一回出直してきなさい。

    まぁでも確かにここに書かれてた女の子が退屈って感じるのはわかる。この映画は小さい子に向けられた映画じゃないからね。

    それ以外あなたの意見には全く共感できなかったよ、、、

    • meika meika より:

      正直、承認するか悩んだのですが

      あなたがこの映画を好きなことは否定しませんが
      あくまで私個人は見ててきつかったです

      見る視点というのは人によって違うものかと、、、

      また、ネット上で相手をいきなり「お前」や「アホ」
      などと言うのは、大人のすることではありませんよね

  2. より:

    この人は何を観ていたのだろう…

    描写の本当にうわべしか観ていなくて、一人一人の登場人物の心情の変化や心の解放があの描写や演出として描かれたと私は思っている。

    このレビューを書いて居る人には合わなかったと言うだけ…

    私はガリレオの柴咲コウの演技は柴咲コウでしか無く(演技力の欠如)苦笑いした物だが…ww

    皆好みが違うと言う事だな…。

    • meika meika より:

      この人は何を観ていたのだろう…というのは、同じことを思っています汗
      (※ケンカを売ってるのではなく、コメントいただいた正直な感想です)

      私はそこまで俳優や声優、演技がどうこうは気にしないタイプです。
      芸能人も詳しくはないので、柴咲コウの演技というのがよくわかりませんが、お詳しいのですね。

      そうです、私には全く合いませんでした。あくまで一個人の感想ですよ。
      好みの違いなんでしょうね…

タイトルとURLをコピーしました