無限のリヴァイアスのスタンプに納得いかない【レビュー】

スタンプ不満 アニメ
スポンサーリンク

私の大好きなアニメがスタンプになっていたからレビューをば。

スポンサーリンク

アニメ「無限のリヴァイアス」とは

1992年に放送されたアニメ。

舞台は未来。宇宙ステーションで実習中の学生たちが、テロに襲われ、ステーション内に隠されていた宇宙船「黒のリヴァイアス」で脱出。

しかしリヴァイアスは、様々な事情から世間に知られてはいけない宇宙船であった。そのため学生たちは世間からテロリストに仕立て上げられ、追っ手と戦闘を繰り広げながら、逃避行を続けることになる。

その結果、搭乗者である少年少女たちは心身ともに追い詰められ、大人がいない閉鎖的な艦内では、一つの異常な社会ができあがっていく、といった感じのストーリー。

無限のリヴァイアス Blu-ray BOX 特装限定版 PV(10/27発売)

登場人物が多く、人間関係や心理描写が毎回ほんとに目が離せない、名作アニメです。ロボットも出てくるSFものですが、人間ドラマが主体なので、ロボットに興味がない人にも見てほしい!

ただし鬱アニメである。ある衝撃的な回で、私もうわあああとダメージを負った。おそらく見てる人みんなあそこはつらいと思う。

20年ほど前の作品であり、放送時の私は幼く、偶然このアニメを一度だけ見てしまい、非常に怖かった覚えがある。

ちょうどキャラクター同士がもめる回(まあ後半ほとんどだけど)で、幼いながらに、「この人たちは宇宙船から地球に帰れなくなって、気持ちが追い込まれて、みんなもめている」ということはなんとなく理解してた。

そして同時に、こんな怖いアニメを好きな大人はおかしい、理解できないと心の中で強く思ったものだ。しかし、大学生のころにこのアニメを怖いもの見たさで見たところ…面白すぎてドはまり

当時の自分が見たら信じられないだろうな、こんな大人になっちゃったよ、私…。

ちなみに本作はガンダムシリーズで有名な、サンライズによる制作。ちなみに脚本は、後に「ガンダム00(ダブルオー)」の脚本を務める黒田 洋介先生。監督は「コードギアス反逆のルルーシュ」で有名な谷口悟朗監督。

ドロドロとした人間関係や、後半の様々な鬱展開といった要素が胸につきささる、いわゆる鬱アニメの代表作である。

ただし、アンインストールという曲で有名な「ぼくらの」とはまたちょっと毛色が違う。というか、私は「ぼくらの」はロボットなども不気味であまり好きではないし、救いもないのでおすすめできない汗。

ぼくらの OP
夜中に一人で部屋を暗くして聞くと何か来そうな曲

というかリヴァイアスは「ぼくらの」に比べれば鬱アニメではないと思う。なんと表現してよいか。鬱アニメとしての方向性が違うというか。

「無限のリヴァイアス」は直接的なグロ描写などはないものの、後半はかなりの鬱アニメ。そのため、無理な人は無理なタイプのアニメなので注意。

でも「リヴァイアス」大好きなんだよね…。もちろん後半は特に、見ててしんどいのだけれども、見てしまう。

個人的にはこのアニメを名作だと思っている。大学の時にドはまりして関連本やグッズをオークションで収集していた。

その後、部屋の断捨離を行った際に、グッズ関連は全て処分した。アニメのムック本なんて、全種類集めて、本ごとに書かれている解説の違いを楽しんでいた。

ああ、売らなきゃよかったなぁ…。

スポンサーリンク

リヴァイアスのLINEスタンプを買ってみた

さあ、そんな私の大好きな作品である、「無限のリヴァイアス」

LINEポイントが貯まっていたので、スタンプショップで好きな漫画やアニメのスタンプがないかと物色していた。

そして「サンライズ」と検索したところ、見つけてしまったのだ!もうこのイラストだけでワクワクする!

LINEスタンプの検索結果

リヴァイアスのほかで、クラッシャージョウ以外は名前は聞いたことあるな…。

てかラブライブもサンライズだったんだ…。アイドルアニメを見ないので知らなかった。

ワタルは幼いころ見ていたはずだけど、あんまストーリーを覚えてない汗

でも歌は好きで、今でもよく聞く。といっても、「Step」「ひとつのハートで」だけなんだけども。

「魔神英雄伝ワタル」比較動画
「超魔神英雄伝ワタル Blu-ray BOX」比較動画

ガオガイガー?TV版は最終回までに犠牲はあったものの、個人的には最高の最終回だったね。

続編?FINAL?そんなものはなかった

って感じかなー。

ということで、迷わず無限のリヴァイアスのスタンプを購入することに。

スポンサーリンク

ファイナ様とラーフラが少ないのには納得いかない

ああ、素晴らしい…

しかし…なぜ?なぜなんだ…?

リヴァイアスという作品を語るうえで、避けては通れないほどの重要人物、ファイナ・S・篠崎ミステリアスな美少女であり、主人公も惚れていた女性である。※前半「は」

画像を引用しておこう。

※ただし、出典元の公式サイトは絶対に見ないことをおすすめする。ネタバレ満載、というかストーリー全部書いてしまってるから。

ファイナ・S・篠崎

出典:無限のリヴァイアス

そして、そのペットのフェレットであるラーフラ。かわいい見た目と裏腹に、内に秘めたものがあるお二人さん。あ、正しくは一人と一匹か。

あなたもきっと、リヴァイアスを見たらこの二人のキャラクターはスタンプにしてほしい場面がきっとたくさんあるはず。

いや、特にファイナのスタンプが1種類しかないなんて、ぶっちゃけありえない!不満、というか納得できねえべ!

これはきっとあれだな…。とりあえずスタンプ第一弾の売れ行きを見て、第二弾を出すはずだ。そうに決まってる。

だって、他にも魅力的なキャラクターたちがいっぱいなんだから。くそっ!これが商売か…。こんなの買うしかないじゃないか…。

あのバカップルや、ストーカー男や着ぐるみカップル、ブルーの一味や青のインプルスの吶喊(とっかん)…。

きっと第二弾第三弾が出ると私は信じてますよ!待ち遠しいぜ!

いずれリヴァイアスについてもレビュー記事を書こう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました