カメノテ(亀の手)の取り方【珍味】

亀の手採ってきた 採集
スポンサーリンク

今回、新たな食材への挑戦。

スポンサーリンク

釣りへ行ったが坊主(ボウズ)…。

ぶれた写真
すっごいぶれた

食料調達のために、釣りへ出向くも、結果は坊主…。写真はぶれすぎて躍動感あったので使うことにしました笑

いや、正確には、一匹だけ、超ミニサイズのメジナが釣れたんだけど、あまりにも小さくてリリース。

多分、大きさはこの記事で釣れた時の半分以下。投げた瞬間、かかってびっくりした。

メジナは中途半端な大きさのものだと、ほとんど食べるところがなかったし。

骨が多くて唐揚げにはおそらく向いてないかなーと思い、リリース。

慌ててリリースしたので写真撮り忘れた…。

にしても、大きめの8号のサビキ針を使ったのに、なんでこんな小さいのが釣れたんだろう…。

結局、全く釣れないので、諦めて帰ることにしたところ、何かが目についた…。

テトラの隙間
きもす…。
スポンサーリンク

珍味 亀の手(カメノテ)がテトラポッドに!

テトラポッドの隙間
あれは誰だ、誰だ、誰だ♪

この、緑のコケみたいなのが生えてる、爪のようなうじゃうじゃしたトゲトゲが、亀の手(カメノテ)です。

テトラポッドの隙間にうじゃうじゃ生えておりました。

天下のウィキペディア様によれば、このカメノテの近縁種が、スペイン料理の高級食材の一つなんだとか。ほんとかよ…。

まあ、見た目の感想としてはキモいの一言ですが…。この見た目が好きな方がいたらごめんなさい…。

フジツボも生えてますね…。(写真に写ってる、丘みたいな膨らみの中心に、穴あいてるやつです。)

どうでもいいですが、フジツボと聞くと、このフジツボじゃなくて、源氏物語に出てくる藤壺を思い出しますね…

そこまで詳しいほうではないですが、源氏物語はすごく面白い。漫画版もいずれは読まなくては…。

スポンサーリンク

亀の手(カメノテ)の取り方と注意点

岩の隙間
ほんとにこんなの食えんのか…。

もちろん、素手でも取れますが、非常に硬いし、なかなか取れません。

硬いし、痛いし、手を切る可能性が高いので、軍手をしたうえで、何か道具を使ってとるのが一番おすすめです。

マイナスドライバースコップなどを持っていくのがいいかも。

まあ私は、そもそもこんなのを食べる予定はなかったので、ぶっつけ本番。素手で頑張って採ったんですけどね…。

また、隙間にがいるので、苦手な方は要注意です!

ちなみに私が採ったときには、フナムシと丸々太ったユムシ?のような黒い芋虫のような生物がついてました…。あまりに気持ち悪くてユムシっぽい何かは撮影し忘れました…。

ちなみに私は、カメノテを初めて採ったので、どこが食べる部分なのかもわからず、適当に採ってきました。

採るなら根元から、できるだけ大きいのだけ、採ることをおすすめします。

見た目以上に食べる部分が少ないので!

カメノテ
名前通り、亀の手みたい

海水に入れて、お持ち帰りしてきた。

亀の手
うん。やっぱキモイ。

見た目は閲覧注意なレベルですが、すごくおいしいんだとか。

ならば、食べるしかないじゃないか!

ということで、次回はこの採ってきた亀の手軍団を料理してみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました