日本代表の変更について思うこと【ソフトテニス世界選手権】

代表変更 ニュース
スポンサーリンク

この記事でも触れたように、ソフトテニスの大学生の大会において、集団での不正行為があり、失格者が出る事態に。

そしてその影響からか、日本代表のメンバーも変更になってしまいました。

スポンサーリンク

日本代表2名が辞退により、メンバー変更

変更メンバーは以下の通り。

ソフトテニス日本代表変更

出典:日本ソフトテニス連盟

ちなみに、早稲田大学からは、もう1人、内本選手が日本代表に選出されていますが、彼は辞退していないようです。

なので、「自分は関係ないけど、連帯責任で辞退した」というわけではなさそうですね。

連帯責任であれば、通常なら早稲田大学全員が辞退となるはずでしょうし…

しかもマイナースポーツとはいえ、国際大会ですからね。

野球部の不祥事とか、関係ない子まで連帯責任で、大会に出られなくなったりしますよね。まあ野球そのものが団体戦の競技というのもあるけど。

辞退した選手の一人は、twitterに、急に迷惑をかけたことについての謝罪をツイート。コメント欄では様々な意見が飛び交っています。

謝罪はしたものの、何をしたから謝罪しているのかなど、具体的な内容は一切不明。

不正行為に関わっていたからの謝罪と捉え、コメント欄で過激な意見を書く人もいますね…。

現時点では誰が、どのように不正行為に関わったのかが不明ですので、まだなんともいえません。

もしも代表辞退の理由が、東日本インカレでの不正行為ならば、日本連盟は明らかにすべきだと思います。

というか、今の時代、完全に隠し通すなんて無理ですよ。

大会会場にはたくさんの人がいるんだから。

後からつつかれてボロが出るより、さっさと内容を明かして、反省して改善します、としたほうが許してくれる人が増えると思うけどなぁ。

このまま何事もなかったかのようには…しない…よね…。

声出しについての記事はこちら

スポンサーリンク

過去にも日本代表の辞退はあった

日本代表の交代についてですが、過去にもありました。

私がわかる範囲になりますが

2014年の世界選手権において、現ヨネックスの柴田選手が、急に辞退をしたことで、当時大学1年生だった船水颯斗選手(現ソフトテニス初のプロ)が代表入り。

団体優勝に貢献しました。

その際も、私の記憶が確かならば、連盟は辞退理由については明かさなかったはず…気になってめっちゃググった覚えがあるので。

当時、辞退理由を明かさないということは、仕事の都合上無理とか、家族の具合が悪いなど、個人的な事情があったのかなー、それならしょうがないよなーと思っていましたが、どうなんでしょうね。

スポンサーリンク

日本代表はダブルフォワード(ダブル前衛)2ペア⁉

私個人としては、大学生2人に代わって、社会人の中本・鈴木ペアが選ばれたことは嬉しく思います。

完全に個人的な考えですが、大学生よりも、社会人のほうが、時間が取れない分、競技に対する気持ちが真剣だと思うので。

ただ、不安なのはすでに選出されている丸中・長江ペアもダブルフォワードなんです…。

もちろん、どちらも素晴らしいダブル前衛なのですが…。

ダブルフォワード(ダブル前衛)という陣形は、2人ともがベースラインよりではなく、サービスライン付近、つまりは前に陣取るスタイル。

ソフトテニスはゴムボールの性質上、カットサーブという、回転を強くかけることでバウンドを変化させたり、ほとんどバウンドしないサービスを打つことができます。

これを用いて、サービスと共にネットダッシュし、相手の甘くなったレシーブをボレーやスマッシュで仕留めるというのが定番。

ハマれば圧倒的な強さです。

ですが、調子が悪いと瞬殺されることも多々ある陣形でもあります。

ハイリスク・ハイリターンな陣形なんです。

2012年には、日本代表予選会を自力優勝して、ナショナルチームから漏れていたにも関わらず、ダブルフォワードで代表入りした元NTTの水澤・岩崎ペアも、個人戦は序盤で負けてしまいました。

ダブルフォワードのレジェンド、篠原・小林ペアも、ダブルフォワードをやりはじめたころの国際大会は、個人戦でなかなか結果が出ませんでした。

そして、もちろん駆け引きもあるのですが、通常の雁行陣(ペアが前衛と後衛に別れる陣形)に比べると、駆け引きよりは瞬発力勝負となる面が多いのは否めません。

ソフトテニス経験者なら、ダブルフォワードの駆け引きというのも見どころがあるのですが、はっきり言って、経験者以外には、見てて非常につまらない陣形でもあります。

ソフトテニスの天皇杯と皇后杯の決勝は毎年、NHKで放送されます。(ただし時間の都合上、かなりカットされて放送)

2011年の天皇杯と皇后杯を家で見ていた私に、たまたま一緒に見ていた弟(硬式テニスもソフトテニスも未経験・興味なし)が見ていて、ぽつりと「ソフトテニスの試合って、あんまり面白くないね…」と言われました汗

'11 全日本ソフトテニス選手権大会 男子決勝
全盛期は、強すぎて試合がつまらないという伝説…

篠原・小林ペア、通称シノコバのペアは私は好きですが、見ててつまらない試合はほんとつまらないです。

全盛期は強すぎて、見てる側からすれば、単調な試合ばかり。(プレーしてる側はもちろん様々な駆け引きはしている)

全盛期のシノコバを倒したペアの試合や、善戦したペアの試合はめっちゃくちゃ面白いです。なんというか、ソフトテニス界の圧倒的なラスボスのような存在でした。

話を戻します。男子のダブルフォワードを見てつまらないと言った私の弟ですが…

「ルールはわかんないけど、女子の試合はすごく面白い」とも言っていました。この年の女子の試合は雁行陣。

全日本ソフトテニス選手権天皇杯皇后杯2011 女子決勝 杉本森原-安川石井
石井選手は低身長前衛の憧れです

正直、自分も見てて面白かったのは女子の試合でした。というかすごく面白かった。

男子の方は、ダブルフォワードの動き方などを知る、あくまで勉強のために見ていた、という感じだったもんな…。

今年の世界選手権、ダブルフォワード2ペアは博打な気もします。

みんなオールラウンドなプレーヤーなので、もしものときは船水選手に前衛をつけて、雁行陣も作れるな…。

学生時代の、丸中・鈴木ペアにしても強いだろうし…。

観客にとって面白い試合になるのか、いろんな点から、すごく楽しみですね。

運も実力のうち。急遽メンバー入りした中本・鈴木ペアには、頑張ってほしいと思います。

こんな記事も書いてます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました